photo by gettyimages

遺産1億2500万円を夫の兄弟に奪われた「内縁の妻」の無念

夫は何をすべきだったのか?
誰の身にも突然起こりうる「相続」の現場では、思いがけないトラブルが発生することもある。ここでは、長年連れ添ったある「夫婦」のケースを紹介しよう。二人で50年働いて築いた1億2500万円相当もの財産。しかし夫なきあと、妻のもとには1円も残らなかった。なぜそんなことが起きるのか? 夫は何をすべきだったのか?
国内最大規模を誇り、相続税申告件数では国内No.1の辻・本郷税理士法人相続部に在籍し、相続・贈与・遺言などを専門にする税理士、井口麻里子氏が解説する。

誰が相続財産をもらえるか?

親が亡くなった、長年連れ添った夫に先立たれた、そんな相続が起こった場合、意外と知られていない落とし穴があります。

それは「誰が相続財産をもらえるか?」についてです。

 

ずっと世話をしてきた人?一緒に暮らしてきた人?「情」で考えればそれが自然です。

ところが、「情」が通用しないのが、相続なのです。

亡くなった方が遺言を残していなかった場合、誰が相続財産をもらえるか?

それは、民「法」が「定」めた相続人、つまり法定相続人です。

法定相続人が遺産分割協議という話し合いをして、亡くなった方の財産を相続することとなります。

言い換えれば、法定相続人ではない人は、亡くなった方の財産をどうこうするという、話し合いの場に参加することすらできないのです。

夫の突然の死

2017年11月、東京に秋の気配が感じられ出したころ、東京都国分寺市に住む高野康夫(仮名)さんが亡くなりました。

高野康夫さんは、国分寺市で長年にわたり洋食店を営んできました。

誠実な人柄も手伝って、お店は繁盛店でした。おかげで、康夫さんは自宅以外にも賃貸マンションを二部屋所有するほど成功しました。

photo y istock

康夫さんは地元の出身ではなく、30歳の頃、5つほど歳の離れた小柄な奥さんと一緒に国分寺で店を開きました。

奥さんは絵里子さんといい、小柄ながら働き者で、康夫さんの店を朝から晩まで手伝う姿が、近所の目にも好ましく映っていました。

二人はたちまち地元に溶け込み、地元商店会でも積極的に活動し、周囲の信頼を得てきました。

康夫さん夫婦は子供に恵まれず、またお店の跡取りがいなかったため、康夫さんが75歳のとき店を閉じ、その後は夫婦二人、静かに暮らしてきました。