予想をはるかに超えた『アナ雪』前作のヒット

11月22日、待望のディズニー新作映画『アナと雪の女王2』が公開されました。
全世界で巻き起こった「アナ雪フィーバー」から5年。今作では、エルサの魔法の秘密が明かされます。

前作『アナと雪の女王』の全米公開は2013年11月27日。日本公開は遅れること4か月後の2014年3月14日でした。その間にも世界中で「レット・イット・ゴー」旋風が吹き荒れていたというのに、日本では、世界に比べると注目度が追いついていませんでした。

当時私たちの編集部でも絵本や関連書籍の編集作業をしていたのに(!)、世界の評判も聞いていたのに(!)、あそこまでのヒットを予想した編集部員は、実は誰一人いなかったのです。

©Disney

開けてびっくり。またたく間に「フィーバー」したのでした。初のダブルヒロインという設定で、恋愛という鉄板テーマではなく姉妹愛が主なテーマだったにもかかわらず、登場人物への共感が多くの人の感動を引き出したのです。

音楽もヒットの大きな要素でした。「Let it Go」を「ありのままで」と訳したすばらしい日本語詞が「レリゴー」とともに一気に日本中を席巻。キャラクターの口元の映像と違和感のないよう、歌のサビの各節の末尾が「○○ぉ~」(母音の「お」)となるように訳されたと言われています。

ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオが『アナ雪』を製作していた時、ディズニー本社を訪れる機会がありました。製作現場では、ハンス王子がこれまでのどんなヴィランズキャラクターよりも邪悪だと言っていたのが印象的です。はじめから悪役なのではなく、いい人を装って裏切るところが何にも増して邪悪だと。

アナとオラフ、クリストフ、そしてスヴェン ©Disney

『アナと雪の女王2』では、どのような世界が繰り広げられるのでしょうか。予想を裏切らない壮大なストーリー展開と意外な結末、涙なくしては観られないシーンもあるとのことです。