女子ゴルファー絢爛。渋野日向子もいいけど、柏原明日架もいいなぁ…

あなたの「推し」はどっちですか?
週刊現代 プロフィール

「女子にモテる女子」

家族の尽力とたゆまぬ努力の結果、柏原は'12年には、男女混合で16歳以下の世界一を争う、「ジュニアオープン選手権」で女子初の優勝を果たす。まさに、世代のトップを走っていた。

前出の菊池氏は、高校時代の柏原は「女子にモテる女子だった」と語る。

「ボーイッシュなショートカットにしていて独特のオーラがありました。かわいらしい顔立ちなのに『学生の間は女性的な部分を出してはダメだ』と思っていたようです。

 

それだけストイックでした。逆にいえば、オシャレに目覚めた最近は肩の力が抜けたのかもしれません。ここ2年で髪を伸ばしネイルもしてとても綺麗になりました」

Photo by iStock

多感な年頃、おめかしをして楽しそうにしている同級生の姿を見て、羨ましくないはずはない。だが、それでもぐっとこらえてゴルフの道に邁進する。ショートカットは決意の表れだった。

そして'14年には、念願のプロテストに合格。順風満帆のゴルフ人生が、柏原を待っているように思われた。

しかし、ことはそう上手くは運ばない。