Photo by GettyImages

百貨店の閉店ラッシュが止まらない…ありがとう、そしてサヨナラ

寂しいけれど、これが現実 

次々と不採算店舗を潰し、なんとか黒字化を図る百貨店業界。かつて庶民の憧れだった場所に、いま人影は少ない。百貨店は「なんでもある楽しい場所」としての役割を終えてしまったのかもしれない。

 

「幸せな時代」は終わった

「私たちにとって最も幸せだったことは、このお店で皆さまとお会いできたこと。皆さまと共に歩ませていただいた大切な時間が消えてしまうことはありません」

2019年9月30日、神奈川県の伊勢丹相模原店が閉店した。閉店セレモニーで店長が冒頭のように挨拶したのち、地元の買い物客が行き交った入り口の扉が閉ざされる。29年の歴史に幕を下ろした瞬間だった。

伊勢丹相模原店が誕生したのは'90年9月、バブル崩壊前夜とも言える時期のことだった。百貨店にとってはいちばん幸せだった時代かもしれない。

駅から伸びるコンコースを、おしゃれしたカップルや家族連れが闊歩する。土日には、店舗前に開店待ちの行列ができた。

三越伊勢丹に限らず、かつて百貨店やデパートは、庶民にとって親しみやすくも、どこか「憧れの存在」だった。

著書に『胸騒ぎのデパート』(東京書籍)がある、放送作家の寺坂直毅氏はこう言う。

「昔のデパートは、豪華なシャンデリアが架かっていたり、エレベーターガールがいたり、他の建物とは違う高級感がありましたね。化粧品や革製品が混じったような、独特な匂いも特別な場所に来た気分にさせてくれました。

それでいて、ファミリー向けの商品があったり、食堂に『お子様ランチ』があったり。屋上に遊園地があるところも多かったですよね。特別だけど、家族で気軽に入れる場所でもありました」

Photo by iStock

だが――。以前のように、人々はデパートに行かなくなってしまった。もはや「瀕死」の状態にあるアパレル業界の不況が、このことを象徴している。