子どもが黒い絵を描くように

住んでいたマンションは佐弓さんの父親の名義だったので、佐弓さんと息子はそこに戻
った。それまで父親に払っていた家賃は免除してもらえることになり、それはとても助かった。借金取りは「離婚したので、もう関係ありません」と言ったら、来なくなった。

当時、息子は幼稚園に通っており、保育園に変わることは本人が泣いていやがったので、佐弓さんは午後2時半までの仕事を探した。幸い、知人の紹介で条件の折り合う仕事に就くことができた。少しずつ生活は落ち着いていった。

「子どもにもきちんと説明しなければと思いました。それで、パパとママは仲良しでなくなってしまったからバイバイしたい、と伝えました。そうしたら、パパが大好きだった息子は、いやだ、仲が悪くてもいいから一緒にいてほしい、と。

離婚はもう決めていたので、子どもの意見で取りやめるつもりはなかったんですが、納得するまで向き合おうと決めて、それから毎晩、寝る前に子どもとディスカッションしました。子どもなりに毎日、いろんな案を考えて『同じおうちにいるけれどお部屋は別々にしたらどう?』などと言っていましたが、最後には泣きながら、バイバイしてもいいよ、と言ってくれたんです」

とはいえ息子は、頭では納得したものの心ではまだ葛藤が続いていたとみえる。幼稚園にひとり親家庭は佐弓さんのところだけだったこともあり、「みんなにはパパがいるのにぼくだけいない」という状況は、子ども心に辛かったようだ。黒い絵を書くようになり、夜泣きも増えた。このままでは、息子の心が壊れてしまう。息子をパパに会わせよう。佐弓さんは、元夫にメールした。

心理学では黒ばかりの絵は「抑圧」「恐怖」を表すとされている。それまでカラフルな絵ばかり描いていた幼い子が突然黒だけの絵を描いている場合は注意が必要だ Photo by iSotck

「息子はあなたに会いたがっているし、あなたも息子に会いたいでしょう。そろそろきちんと離婚条件を決めませんか」