沢尻エリカ逮捕の5ヵ月前、日本史上最大のクスリ事件が起きていた

芸能人の一斉摘発が激増した理由は…

日本が「クスリの大保管庫」になっている

今月16日、合成麻薬「MDMA」を所持していたとして麻薬取締法違反容疑で、警視庁組織犯罪対策部に逮捕された女優の沢尻エリカ容疑者(33)。26日に最初の勾留期限を迎えたが12月6日まで10日間延長することが決定し、今後もその動向に注目が集まっている。

Photo by gettyimages

思い返せば2019年は、有名人の薬物逮捕者ラッシュの様相となった。3月に俳優のピエール瀧、5月に「KAT-TUN」の元メンバー・田口淳之介とその“内縁の妻”で元女優の小嶺麗奈が逮捕され、いずれも有罪判決となっている。そして今月に入ってからも、元タレント・田代まさしを皮切りに、プロスノーボード選手・国母和宏、金融トレーダーの「KAZMAX」こと吉澤和真ら著名人が相次いで違法薬物所持で逮捕された。

ここまで警察が薬物の取り締まり強化、そして有名人の集中的な摘発に乗り出しているのはナゼなのか? 沢尻エリカの逮捕をきっかけに、改めて関心を集めているこの疑問について、ある捜査関係者はこう語っている。

 

『来年に控える東京五輪に向けて、今年中に日本から違法薬物を少しでも一掃したい。その見せしめとして、薬物使用の疑いがある芸能人の摘発を行なっている』というのが各メディアの大方の見方でしょう。もちろんそれも一つの理由ですが、実は今年6月に起きたクスリにまつわる大事件が、警察を本気にさせた大きな要因となっているのです

警察を本気にさせたある事件。それは、日本がアジアにおける「クスリの大保管庫」となっている、という恐るべき現実を示唆するものだった。