動画ストリーミング、「生き残り」をかけた熾烈なバトルが始まった!

鍵を握る立役者はアマゾンだ

テレビ視聴に取って代わるコード・カッティング

「Cord Cutting(コード・カッティング)」という言葉が再び脚光を浴びそうだ。これは、米国において多くの家庭が契約していたケーブルテレビや多チャンネル衛星放送を解約することを表している言葉で、2010年頃からその現象が顕著になり始めた。

photo by getty images

ブルームバーグの記事「Comcast, Dish, AT&T to Raise TV Prices to Counter Cord-Cutting」(コムキャスト、ディッシュ、AT&Tがコード・カッティングに対抗するため価格を引き上げ)によると、ケーブルテレビや衛星放送といった従来型有料TVサービスの顧客は2018年第3四半期に過去最大となる104万件の契約を失ったと言う。

コード・カッティングが増えている背景は、テレビ視聴の世界を大きく変える革新的かつ手強い競争相手が登場してきたことにある。

 

これにより、前述の記事にあるように、コムキャスト(ティッカー:CMCSA)やAT&T(ティッカー:T)、ベライゾン(ティッカー:VZ)、チャーター・コミュニケーションズ(ティッカー:CHTR)、ディッシュ・ネットワーク(ティッカー:DISH)、アルティスUSA(ティッカー:ATUS)等、従来型有料TVサービスは、2018年に入り相次ぎ値上げを実施している。これをきっかけに契約を解除する顧客が増加し、コード・カッティングに対抗するどころか、ますます加速させるというループに陥ってしまった。

視聴の世界を大きく変えたのが、Netflix(ティッカー:NFLX)やウォルト・ディズニー(ティッカー:DIS)傘下のHulu、そしてグーグル(親会社アルファベット、ティッカーGOOGL)のYouTube等、ストリーミングサービスである。こうした企業のサービスは、古いセットボックス付きのケーブルモデルから、「観たいものを、観たい時だけ、観たいだけ」視聴することができるストリーミングという新たなスタイルをもたらしたのである。