Photo by iStock

91歳認知症女性、薬を減らしたら徘徊トラブルがなくなった

不調の原因は病院でもらった薬だった?

一夜で徘徊がなくなった

現在、日本には約500万人の認知症患者がいる。アルツハイマー型の場合、治療によって治すことは不可能と言われている。しかし薬が原因で認知症が進行した場合、その薬をやめることで、症状が劇的に改善する可能性があることをご存じだろうか。

『クローズアップ現代+』に出演した、前出の医師・吉田病院の平田氏が解説する。

Photo by iStock

「向精神薬や抗不安薬は、飲み続けていると認知機能が下がり、ぼうっとする時間が長くなったり、物忘れがはげしくなったりします。

また抗コリン剤は認知機能を低下させる薬としてよく知られていますが、最近注目されているのは神経障害性疼痛を抑えるために使われるリリカという薬です。これらを常用した結果、認知症を発症してしまうことがあります。

しかしこうした患者の場合、薬をやめることで認知機能障害が見られなくなることがあるのです」

そういって平田氏が紹介するのは、80代の男性患者のケースだ。腎不全で倒れて病院に運ばれてきたこの男性は、腎不全だけでなくパーキンソン症状、認知症も同時に患っていた。

「検査をした結果、神経痛を抑えるために常用しているリリカの副作用によって腎機能の低下が起こっていることが分かりました。まず、リリカの服用をやめたところ、2週間程度で腎機能が回復し透析から離脱できました。

それだけでなく、1ヵ月後にはパーキンソン症状も劇的に消え、認知機能まで大きく改善したのです。リリカの副作用によって認知症の症状が悪化していた、ということです」

 

『クローズアップ現代+』では、ある有料老人ホームで、薬を減らすことで認知症を防ぐ、症状を改善するプロジェクトが紹介されていた。

認知症を患う91歳の女性は、薬を減らすことで症状が改善。わずか2ヵ月で徘徊などのトラブルがなくなり、会話を楽しむまでに回復していたが、平田氏によると、こうした認知症患者は決して少なくないという。

「薬が原因で認知症になる場合、アルツハイマー型認知症と比べて、進行が劇的に早いのが特徴です。アルツハイマー型の認知症だと、数年かけて少しずつ症状が悪化していきますが、薬が原因の場合、数週間、早ければ数日で症状が悪化します。

親の認知機能低下があまりにも早く進んでいるなと思った場合、薬剤性による認知症を疑い、医師と相談のうえで薬を減らしてみることも検討するべきです」