Photo by iStock

嵐・二宮の妻に剛力彩芽も…「匂わせ女子」が嫌われる致命的な理由

どうしてこんなにイラっとするの?

先頃、嵐の二宮和也さんが結婚すると発表したが、その相手は元フリーアナウンサーの女性であった。その女性が、“匂わせ”で世間を騒がせたことを覚えている人も多いのではないか。自分のブログに、二宮さんとの繋がりを匂わせるものをさりげなく写し込んだ写真を掲載したりして、見事に炎上した。

“匂わせ”炎上といえば、元ZOZO社長の前澤友作さんと一緒にサッカーのワールドカップ会場に来ていることを匂わす写真をブログに載せ、炎上した剛力彩芽さんを連想する人も少なからずいるだろう。この2人はつい最近破局に至ったようだが。

Photo by gettyimages

自分の立場や相手の立場を冷静に考えれば、付き合っていることを不特定多数に知られてはならないわけだが、なぜわざわざ自分からそんなことをしてしまうのか。実際、それによって、多くの人たちからの批判がわが身に突き刺さってきたのである。

だが、これは著名人だけの特殊な問題ではない。うっかり不適切な“匂わせ”行為をしてしまったばかりに、“痛い人”とみなされてしまう人が、あなたの周囲にもいるのではないだろうか。

 

自撮り写真をアップする痛い人

あるとき筆者が電車に乗っていると、隣に並んで座っている若い女性たちが、スマホでそこにいない友だちのSNS投稿を見ながら嘲笑していた。

ねえ、ねえ、見て! この表情、まるで女優気取りじゃねぇ?
ちょっとキレイだからって、いい気になっちゃって
自己愛丸出し、みっともないね

おそらくそこにいた女性たちよりキレイな友だちなのだろうが、その自撮り投稿をこき下ろす言い方に、妬ましい気持ちが滲み出ていた。