日本初!百貨店に「女性用アダルトグッズ常設店」ができた深い理由

80代女性や男性同士での来店も
日向 琴子 プロフィール

2018年8月、2018年11月、2019年5月と開設されたポップアップストアは回を重ねるごとにリピーターが増えた。ひとりのお客様に対して平均15分ほどの接客時間が功を奏してか、毎回ごとに相談内容も深いものになっていく。

皆、心の奥に、誰にも言えない小さな隙間を抱えて生きている。それを吐き出せる場所が、ここにあった。潜在的な需要があるのではないかと踏んだ大丸梅田スタッフの先見の目はお見事である。

第1回目のポップアップストアには、2週間で1500人の来場者があり、当初の売上目標の3倍である400万円を達成した。WEBメディアはもちろん、新聞やテレビでも取り上げられたことから、幅広い層への周知があった。

店舗内にはirohaセレクトのライブラリーもあり、誰でも2週間無料で本を借りることができる
 

元々、デパートのメイン顧客層は40代、50代、60代以上と高めである。それもあってか、これまでの売り上げ実績としては40代の女性がいちばん多い。セックスレスや性交痛、濡れにくい、といった悩みを抱える年代である。

売り上げ低迷、存続の危機と叫ばれる百貨店業界であるが、これは相性の良い思わぬ金脈と言えるのではないか。性的なことも含めて、ヘルスケアである。

こういった反響の高さを受け、大丸梅田店は今回、5階に女性向けの新フロア「michikake(ミチカケ)」を開設。「iroha」以外にも、センスの良いルームウエアやランジェリー、コスメのほか、女性特有の悩みにも応える商品としてサプリ、漢方、生理用品なども扱う。

関連記事