(写真はすべて筆者撮影)

日本初!百貨店に「女性用アダルトグッズ常設店」ができた深い理由

80代女性や男性同士での来店も

老舗百貨店にアダルトグッズ?

2019年11月22日、大阪の老舗百貨店・大丸梅田店5階に女性向けアダルトグッズ「iroha(イロハ)」の常設店がオープンした。女性向けのアダルトグッズがデパートに常設されるのは日本初である。

これまで3度のポップアップストアの反響が大きかったことから、この度の常設が決まったというが、老舗百貨店でアダルトグッズが販売されるという前代未聞の出来事は、どのような経緯で生まれたのか。

そして、ネットショップではなく、わざわざ店舗まで出向いてアダルトグッズを購入する女性はいるのか? いるとしたらそれは一体どのような女性で、何を求めているのか? 

実際に足を運んで現場の声を聞いてみたら、意外な答えが見つかった。

売り場ではirohaスタッフの女性が接客を担当。明るい雰囲気でカウンセリングを行う
 

ラブホテルでいちばん売れているのはローター

ところで、ラブホテルでいちばん売れているアダルトグッズは、ローターである。

これは、女性心理を考えると非常に納得。

「バイブを敵視する男性もいますからね(笑)」とiroha広報の本井はるさんが言うように、女性の膣内に挿入するバイブレーターは、形状もさながら高機能ゆえ、うっかり女性が感じようものなら「俺のよりもこっちがいいのか……」と男性が落胆してしまうのではないかと案じている女性は多いもの。

アダルトグッズに興味はあるが、男性の自尊心を傷つけてまで冒険はしたくない……。