〔PHOTO〕iStock

「生理バッジ」大炎上…それでも日本社会の月経観は「進歩」している

生理中かどうかを明かす意味と覚悟

「生理中であることを他人に知らせる必要があるの?」

大丸梅田店の新しい売り場「ミチカケ(michikake)」が導入した「生理バッジ」が波紋を広げている。

今月22日にオープンした「ミチカケ」には、“女性のリズムに寄り添う”をコンセプトにした、生理用品や下着、化粧品などの女性用品を扱う17店舗が並ぶ。

大丸梅田店「ミチカケ」オープンに先立つポップアップショップの様子
 

これら店舗のスタッフたちが胸につけるバッジは、表は「ミチカケ」のフロアをアピールするものだが、裏返すと「生理ちゃん」(小山健さんの漫画『ツキイチ!生理ちゃん』のキャラクター)のイラストが描かれており、生理中であることを示すものとなっている。

この「生理バッジ」に対し、ツイッター上で「どうして生理中だということを他人に知らせる必要があるの?」「店員に生理中だとアピールされたらどうすればいいの?」「性をオープンにすることの方向性が間違っている」といった批判が巻き起こっている。

たしかに、生理中であることを他人に知らせなければならない謂われはない。本人が知らせたくないのに知らせなければならないのであれば、それはプライバシーの侵害、あるいは人権侵害である。