私たちはテレビの中で、中高年男性に対する模範的な態度を吹き込まれ続けている。森繁久彌に「1回どう?」とセクハラされたことを、大物女優が笑顔である種の「名誉」のように語る地獄が今も存在している。

そのためだろうか、女性たちも田嶋先生には眉をひそめた。もちろん田嶋先生の言葉に救われ、心酔するファンはいる。しかしそれはごく一部の女性であり、多くはその名を蛇蝎(だかつ)のごとく嫌った。仲間であったはずのフェミニストも彼女を嫌った。視聴者はとにかく彼女を嫌った。かつての私もそうだ。これは、テレビが“男らしく”発信する偏向イメージを鵜呑みにした結果である。

-AD-

嫌われたのは、彼女の罪なのか

作家の若竹千佐子さんも『エトセトラ vol.2』で、「実は私は彼女にあまり好感を持っていなかった」と告白している。「何の策略もなしに思ったままを口にする彼女の戦法ではフェミニズムがただの女のヒステリーに受け止められかねず、男たちに面白おかしく揶揄されるだけではないのか」と当時のことを書いている(若竹千佐子「女の人生はいつだって面白い」より)。「田嶋陽子が日本のフェミニズムにもたらした功罪」という原稿依頼における「罪」は、まさにこういった女性側からの反撥を期待しているのだろう。

テレビは大衆のものであり、アカデミズム界隈やフェミニスト仲間には、田嶋先生のテレビ出演が下賤な行為に思えたようだ。しかしながら、テレビという壮絶な男社会でフェミニズムについて「拡声器」の役割を果たすのは、想像を絶してきつい仕事だ。

〔PHOTO〕iStock

それでも出演を続けたのは、テレビでしか届かない場所にいる女性たちにこそ、田嶋先生の目は向いていたからだ。“女らしさ”の牢獄で苦しむ彼女たちを、救いたい思いがあったのだ。それのどこに「罪」があるのか?