Photo by iStock
# 恋愛

銀座No.1ホステスが断言! 「財布の中身」に男の本性が現れる

付き合う前に「ここ」を見逃すな
夜は銀座の高級クラブでNo.1ホステス、昼は売れっ子の心理カウンセラー。著書『銀座No.1ホステスが教える男の見極め方』で知られる水希さんによれば、発言、しぐさ、服装、持ち物、お金や時間の使い方で、彼が信頼できる人かどうかを見極められるそう。とくに持ち物は、その人の「金銭感覚」が表れる大事なポイント。どこに注目すればよいのか、水希さんが伝授する。

ここで金銭感覚がわかる

ファッションや持ち物にこだわろうと思えば、すべてにこだわることができますが、その分、金銭感覚が表れやすいポイントなので、しっかり見極めましょう。

Photo by iStock

○さりげなく1点にお金をかける

「スーツは無難でもカフスにはこだわる」「靴だけは妥協しない」など、1点くらいのこだわりはむしろオシャレ、金銭感覚のバランスも○です。

それなりのステータスを得た男性が、どこで表現するかとなれば、腕時計、ネクタイ、鞄、靴くらい。ステータスにふさわしい服装、持ち物でないと、逆に仕事に支障をきたします。今の自分に見合ったお金の使い方と言えます。

△「センスはお金では買えない」という見本

なんとか着飾って自分をよく見せようとするあまり、いかにも高いもの、流行ものを見本どおり身につけただけの姿を見るとガッカリしますよね。まったく似合ってないものを身につけているがんばりも痛々しいです。

 

やはりセンスはお金で買えないので、使うお金がもったいない。あなたが「引き算のオシャレ」を教えてあげましょう。

×どこかのCEOのマネ、わかりやすいブランドロゴ

「庶民的な社長でありたい」「ステータスをファッションで表現するなんてダサい」などと、どこかのCEOのマネをしても、ラフな感じではなく、単にだらしないだけ。

また、高級ブランドのロゴがわかりやすく入っているもの、ブランド品とすぐわかるものを身につける人は、コンプレックスの塊です。ブランド品が自分を守る鎧になっています。どんなにお金をかけても満たされないので、そのイライラはそばにいる人への暴言やハラスメント行為で発散される可能性も考えられます。