2019.11.25
# 日本株

日本株の年末相場、いまこそ「仕込むべき&逃げたい」銘柄の全実名

今週の「AI株価予報」で読む
マネー現代編集部 プロフィール

株価レートが引き上げられた「あの会社」

前出・藤本氏も言う。

「飯田グループホールディングスは年間約4万戸の販売を行うなど、国内不動産市場でいまなお勢力的に攻め込んでいる。そうした中にあって、マーケットでは投資指標面が割安な内需関連企業として、日興SMBC証券が株価レーティングを引き上げました

目下の割安バリュー株人気にあって、しばらく上値追いの展開が続きそうです」


拡大画像表示飯田グループホールディングスの「AI株価予報」の結果

最後に、今週の『Phantom株価予報AIエンジン』が注目するもうひとつの銘柄を紹介しよう。

大日本住友製薬(4506)がそれ。

 

大日本住友製薬といえば、住友化学が筆頭株主の製薬準大手企業。じつはここへきて、株価が急上昇していることをご存じだろうか。

SPONSORED