STAP細胞事件が覆い隠した科学技術立国ニッポンの「ヤバい現実」

「史上最悪の研究不正」をご存知か?
榎木 英介 プロフィール

大学・研究機関のずさんな対応

STAP細胞事件では、理化学研究所(理研)は対応のまずさを厳しく批判されていた。しかし、このことが、STAP細胞事件のような大事件が起こったのは理研だったからという誤った認識につながってしまったのではないか。

しかし、研究不正の事例を適切に扱えないのは理研だけではない。

たとえば弘前大学の元教授の研究不正の事例では、不正論文の共著者に現学長らが入っていた。しかし弘前大学は、学長は論文に名前を掲載されただけで研究に関わっていなかったからと、とくに処分を科さなかった。

研究に関わっていないにもかかわらず論文の著者になることは、ギフトオーサーシップと言われる不適切行為だ。不適切行為を行なったから処分されないとは理解に苦しむ。

 

東京大学の事例では、匿名の告発者が分子細胞生物学研究所(分生研;当時)の研究者と医学部に所属する研究者の論文におかしなところがあると大学当局に訴えた。1年ほどの調査期間を経て出された結論は、分生研の研究者のみ研究不正が認められ、医学部の研究者は研究不正ではないと認定された。

匿名の告発者の告発文はネット上にも公開されているが、読むと分生研と医学部の論文のおかしな部分に差がないように思われた。しかし、結論は明確に分かれた。

報道機関が情報公開法を通じて入手した非公開資料を見せていただいたところ、医学部では論文の結論に影響がないから、不適切なグラフなどがあっても研究不正ではないとされていた。

これでは、STAP現象が再現できれば研究不正ではないという考えと同じではないか。呆れてものが言えなかった。

このような研究機関のずさんな対応は枚挙にいとまがない。

集団で研究不正の疑いがかけられたケースでは、調査に対して正直に話した研究者処分され、ダンマリを決め込んだ研究者は 処分から免れたという。

ある大学では、研究不正の疑いを大学当局に訴えた研究者が、逆に大学から不適切な行為をしたとして処分された。
 
世界的な科学雑誌ネイチャーは、日本の研究機関の研究不正に対する対応のまずさを厳しく批判している。