# 鉄道

「銀河」「36ぷらす3」、“お値打ち”観光列車が激アツの予感!

JR西、九州がこぞって発表
野田 隆 プロフィール

人気の水戸岡デザインが気軽に楽しめる

JR西日本がWEST EXPRESS銀河の運行を発表した翌日、JR九州が36ぷらす3という新しい観光列車(JR九州では、D&S列車<デザイン&ストーリー列車と呼んでいる>)の運行を発表した。こちらも、ななつ星in九州とはコンセプトをガラリと変えた、カジュアルな長距離観光列車である。

5日間かけて九州を1周した上に、博多と長崎の間を往復するというものだ。ただし、ななつ星のように寝台列車ではなく、座席車のみで宿泊は沿線の宿泊施設を利用することになる。また、5日間のうち、1日だけの利用も可能になり、通常のグリーン車なので、ななつ星のような高額な料金設定ではない。

こちらも既存の電車改造で種車は、元鹿児島本線「つばめ」に使用された787系電車6両編成である。デザインは、JR九州なので、もちろん水戸岡鋭治氏。車体はグレーのものを黒に塗り替えるそうだが、車内を含めどのようにリニューアルされるのか興味津々だ。

 

ところで、列車名の「36ぷらす3」とは、「世界で36番目に大きな島九州を巡る列車として5つのルートに35のエピソードを詰め込んで皆様をお迎えしたい。そして、皆様自身に36番目のエピソードを語っていただきたい」との想いを込めたという。さらに、「この列車で驚き、感動、幸せを届け、ひとつになって36プラス3=39、サンキュー(感謝)の輪を広げていく」とのことだ。これまで以上に複雑な列車名を掲げたことに驚いてしまう。