化粧品会社にはできないことを
異業種がやってのける時代

クマ、くすみだけでなく、目尻のシワ、さらに下瞼、上瞼のたるみまでアプローチ。複雑な目元悩みに360°対応するアイクリーム。エピステーム アイパーフェクトショットa 18g ¥11000/ロート製薬 ☎03-5442-6008

目薬のトップメーカーだから開発できた目元たるみケア。眼瞼下垂から着想した日本の製薬系コスメの凄み!

日本のコスメブランドは今、エイジングケアに数々の革命を起こしているが、背景の一つに、“異業種”の台頭がある。ヤクルトや味の素のような食品会社、勇心酒造のような酒造メーカー、富士フイルムのような精密化学系まで、本業の強みを生かした独自の研究開発によって、化粧品会社では生まれない革命的コスメを輩出してきた。

なかでもエイジングケア市場を牽引するような主力ブランドとなっているのがロート製薬のエピステーム。当然のことながら製薬会社は、医学的なアプローチをいち早く化粧品に降ろせるという絶対の強みがあるけれど、製薬系の中でも圧倒的な先進性を見せるのがロート製薬なのだ。

そう、ロートといえば、目薬のトップメーカー……まさにその専門性がなければ決してたどり着けない知見とテクニックで、コスメ業界をアッと言わせたのが、エピステームのアイケアだった。目の下のたるみは、単なる肉のたるみじゃない。目を囲む眼輪筋の老化によって眼球そのものが下に下がってしまうことによる立体的な衰えなのだということ、この眼輪筋そのものをケアしなければ目元全体の衰えは止められないことを訴えて、その対応アイケアを開発してくれたのだ。特にこの新作は、瞼がたるんで下がってくる、いわゆる「眼瞼下垂」から着想したアイケアとして大きな注目を浴びている。再生医療の応用でも他を圧倒するなど、日本の製薬系コスメは、まさに世界のスキンケアを席巻しているのだ。