2019.11.25
# AD special

日産・新型スカイラインが誇る「プロパイロット2・0」を体感!

運転支援技術で、快適なドライブを

ハンドルがひとりでに動く

試乗してみると、ハンドルがひとりでに動く様子は感動的。運転支援の精度は高く、ハンドルから手を離していても、3D地図データとGPS、カメラを用いて自車位置を特定しているため、道路の中央をピタッと走ってくれる。ストレスを感じることなく、どこまでも走れそうな気がした。

画面左上のアイコンが青色になっている間はハンズオフでの走行が可能
周囲の車や白線、標識を360度センシングすることで運転支援を実現している

「車に運転の一部を任せられることによって、ドライバーが、メリハリをつけて運転を楽しむことができるのです」(丸地氏)

「現在の運転支援技術としては世界最高レベルだと自負しています」(日産自動車日本マーケティング本部・丸地隆史氏)

車を愛する人に寄り添い続けてきたスカイライン。新型車は、いつまでも自分で運転を楽しみたいユーザーにとって、最高の相棒になる一台と言えそうだ。