韓国・文在寅は何がしたかったのか…「GSOMIA騒動」が与える影響

韓国の相対的な役割は低下していく
佐藤 丙午 プロフィール

さらに言うと、今後韓国は、輸出管理や歴史問題で日本との対話を拒否する場合、GSOMIA失効の効力を復活させる、ということになる。このため、韓国は背後に「崖」を背負って交渉することになり、日本の交渉上の立場は強まった。

ここに至るまでの一連の応酬の中で、おそらく韓国政府は当初、日本が簡単に妥協すると考えていたのであろう。それは、韓国政府がとった措置に見て取ることができる。それらはいずれも、日本に圧力をかけるときの伝統的な手法であった。

しかし、ここまでの経緯を見ると、文政権は見通しを誤り、日本側に「面子」を配慮してもらうよう、依頼するしかない状態に追い込まれた。日韓関係の変化を理解できていなかったとしか思えないように迷走したのである。

 

対日圧力の方法について

韓国が日本に圧力を加える手段は、大きく分けて三つの領域で展開された。

一つは社会的圧力である。一般的に日本国民は、少なくとも近現代の歴史の中で、朝鮮半島に対して親近感とパターナリスティックな感情を同時に抱いてきた。近年では、身近な海外として憧れの感情を抱く人も多い。

したがって、日本の一方的行動により、韓国の国民が「怒っている」あるいは「困っている」姿を見せることで、日本国内に「大人の対応」を求める声が高まることを韓国は期待したのであろう。この方法は、これまで多くの成果をあげてきたものでもある。

GSOMIAの問題でも、韓国の苦境を救うために日本が我慢すべきとの主張は見られたが、かつてほどの影響力は失われていた。

関連記事