夫婦って、結婚って、何?

仲はいい。でもセックスはしたくない――結婚7年目の30代のカップルが主人公の漫画
『1122』。月刊「モーニング・ツー」で連載されている渡辺ペコさんの漫画は、「自分たちを見ているようで胸がえぐられる」「深みがすごい」「キャラに共感しかない」「自分だったらどうしよう……」と人気を呼んでいる。それは、単なるセックスレスカップルのあるあるを描いているからではない。リアルに「夫婦とは」「カップルとは」「家族とは」を考えさえてくれる「自分事漫画」だからだ。

11月22日は「いい夫婦の日」。「いい夫婦って何だろう」と考えさせてくれる人気漫画を特別試し読み!

『1122』妻・相原一子。夫・相原二也。結婚7年目の仲良し夫婦。セックスレス。子供なし。そんな二人が選択したのは「婚外恋愛許可制(公認不倫)」。おとやには、いちこも公認の“恋人”美月がいる。美月との恋に夢中になり始めるおとやを見て、いちこにも変化が……。渡辺ペコが描く結婚の嘘と真実。「結婚」を考えるすべての人に届けたい、30代夫婦のリアル・ライフ!1巻~6巻まで発売中
続きがすぐに読める!コミックデイズ「1122」はこちら

Profile

渡辺ペコ
北海道出身。2004年、「YOUNG YOU COLOURS」にて『透明少女』でデビュー。
以後、女性誌を中心に活躍。繊細で鋭い心理描写と絶妙なユーモア、透明感あふれる絵柄で、多くの読者の支持を集める。青年誌初連載となった『にこたま』(講談社)は、三十路手前の同棲カップルの現実を描き、大きな反響を呼んだ。その他の著書に、『ラウンダバウト』『東京膜』(集英社)、『変身ものがたり』(秋田書店)、『ペコセトラプラス』(幻冬舎)、『昨夜のカレー、明日のパン』(原作 木皿泉/幻冬舎)『おふろどうぞ』(太田出版)などがある。

マンガ『1122』にビリビリきた30代女子の、「リアル1122」→「好きだけどしたくない…30代女子が願う『我慢しないセックスレス』」の記事はこちら