メンタルが強い子の親が、子育て中絶対に「しないこと」があった!

必要なのは「失敗させる勇気」
エイミー・モーリン プロフィール

子どもは、失敗の話を聞くのが大好きだ。あなたが子どもの頃にした失敗の話をしてあげてほしい。

失敗からどう立ち直ったのか、なぜ完璧でなくても大丈夫だったか、子どもと話そう。オウンゴールを決めてしまったことや、大会の1回戦で敗れたことなど、思い出を分かち合おう。

 

ただし、悲惨なオチにつながる話はNGだ。「あのときは最悪の気分だったけど、結局、大ごとにはならなかった」とか「今ならわかる。優勝してもどうってことなかった、って。一番大事なのはベストを尽くしたことだ」などと言ってあげよう。

失敗から学べる子は、賢い大人になる

失敗させるとき、親は子どもにメンタルの力をつけるチャンスを与えている。

失敗すればイヤな気分になるし、ネガティブ思考や実りのない行動を生む恐れもあるが、立ち上がって挑戦するチャンスにもなり得る。失敗したとき、きちんとアドバイスをしてあげて、貴重な教訓に変えよう。

メンタルが強い人たちは、同じ失敗を何度も繰り返さない。失敗を認めて、そこから学ぶからだ。そして新しい知識を得て、前よりもっとスムーズに前進する。わが子を、そんな賢い大人に育てよう。