Photo by iStock
# 病院

「風邪には抗生物質」が当たり前のお医者さん、信用していいの?

医師が教える賢い病院選び
内科、小児科、歯科……街のあちこちで見かけるクリニック。どこにかかればよいのか、迷うことも多いだろう。そんな中、失敗しない病院の選び方を教えてくれるのは、著書『医者が教える「ヤブ医者」の見分け方』で知られる金子俊之医師だ。「4個以上の診療科目を掲げるクリニック」「ただの風邪に抗生物質をむやみに出す医者」などには注意せよ、と警告する金子医師。避けたほうがよい病院の特徴を、ズバリ教えてくれた。

診療科目の多い病院は避ける

小規模クリニックながら診療科目が4個以上ある開業医には注意が必要です。

Photo by iStock

日本の法律では、医者は基本どの科目でも診療することができるので、たとえば私が明日から産婦人科や小児科、皮膚科の看板で開業することも可能です。

産婦人科とうたえば女性に対して手術もできますし、小児科を標榜すれば小児科診療をしても法律違反にはなりません。

大した臨床経験もなく専門医でもないのに当たり前のように診療するヤブ医者は実際とても多いのです。

 

特に、昔ながらの古い施設で診療科目が4個以上あるクリニックは避けた方がよいでしょう。

奥様が婦人科でご主人が小児科医、と夫婦でクリニック経営をしていたり、医者の親子がそれぞれの専門科目を掲げているといったケースであれば別に問題はありません。また、病院が不足している地方や過疎地にあるクリニックであれば、地域で医療を完結するために複数科目を診療するというケースは致し方ないでしょう。

しかし、理由もないのに診療科目を多数掲げていて実は医者が一人とか、専門と異なる診療科目を複数あげている病院には十分に気をつけてほしいと思います。