〔PHOTO〕gettyimages

激震…GPIF「理事長スキャンダル」の裏に潜むセクハラと人事抗争

想像を絶する陰謀劇があった…

理事長処分のウラにあった陰謀劇

公的年金の運用を一手に引き受ける年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)で、想像を絶する陰謀劇が進行していた。

幕は、10月18日、GPIFの「役員の制裁処分の実施について」という発表で開いた。処分されたのは髙橋則広理事長で、処分理由は「疑念を招きかねない行為を重ねた上、(中略)内部統制上の迅速な対応を怠ったため」(発表文)というものだった。

「疑念」とは「特定の女性職員と多数回にわたり会食を行なうなど特別な関係にあることを疑われかねない行為」(同)である。不倫といいたいのだが、そうと断定できないために、髙橋氏が迅速に対応しなかったことを問題にした。「握りつぶした」という判断だ。

GPIFの高橋則広理事長〔PHOTO〕gettyimages
 

この問題を報じたメディアは、発表のままに髙橋氏を批判、日経新聞は社説で「GPIF理事長は襟を正せ」と題して、160兆円もの年金積立金を運用する団体の公益性を考えれば、第三者委員会を設けて徹底解明、「うやむやな幕引きをするな」と、檄を飛ばした。

だが、この処分発表の裏には、髙橋氏の追い落しを狙った陰謀が渦巻いていた。

「渦中の女性職員は、GPIF経営陣のセクハラに悩み、それを髙橋理事長に相談していました。

きっかけは、中途採用の女性職員の歓迎会で幹部が彼女を2次会に誘い、抱きつくなどセクハラ行為に及んだこと。しかもその幹部は、コンプライアンスオフィサーでした。2年以上、前なんですが、その後も執拗な誘いが続き、相手がコンプラ担当なので相談する場所がない。

そこで、女性職員は髙橋氏に相談しました。それを知ったGPIF内の反髙橋派が、探偵を雇うなどして2人の親密さを写真に撮り、『髙橋排斥』に動いたんです」(GPIF関係者)