# ライフ # 傾聴 # 本

嫌韓、ミソジニー…思想信条に反する人の話をどう聞くか

「同じ景色」は見ることができる

【話を聞く男たちが考える、傾聴と対話のレッスン #2】

相手が話している最中につい口を挟んでしまう、相手の感情が理解できず話の途中で心が離れてしまう……そんな経験はないだろうか。日常的な「話を聞く」という行為だが、振り返ってみると案外ちゃんとできていないことに気づく。自分ではできているつもりでも、相手は話を聞いてもらえなかったと感じていることもあるかもしれない。

どうすれば話を聞いたことになるのか。話を聞くときにはどんなことに気をつければいいのか。何が話を聞くことを難しくしているのか。“恋バナ収集ユニット”桃山商事としてこれまで数多くの恋愛相談に耳を傾けてきた清田隆之&森田雄飛と、精神科医として心の治療やカウンセリングの現場に携わる星野概念が、自らの経験をもとに考えていく。

左から、桃山商事の清田隆之さんと森田雄飛さん、精神科医の星野概念さん
桃山商事(ももやましょうじ)
清田隆之(代表)、森田雄飛(専務)、ワッコ(係長)の3人からなる恋バナ収集ユニット。2001年の結成以来、「失恋ホスト」として1200人以上の悩み相談に耳を傾け、それをコラムやラジオで紹介している。著書に『生き抜くための恋愛相談』『モテとか愛され以外の恋愛のすべて』などがある。

星野概念(ほしの がいねん)
病院勤務の精神科医。執筆や音楽活動も行う。雑誌やWebでの連載のほか、寄稿も多数。音楽活動はさまざま。著書に、いとうせいこう氏との共著 『ラブという薬』がある。
 
構成:小沼理 写真:飯岡拓也

「わかりきれない」を受け入れる

清田:前回、現代人の多くが「話を聞いてもらえない」というストレスを感じているという話をしましたが、そもそも「話を聞く」ことの定義って曖昧ですよね。あまりにも日常的な行為だから、「あなたは人の話を聞いていますか?」と聞かれてノーと答える人は少ないと思います。でも、自分が聞いていると思っていても、相手が話を聞いてもらえたと感じるとは限らない。

哲学者の國分功一郎さんが書いた『中動態の世界』という本があります。「する/される」という「能動態/受動態」以外に、「中動態」という文法があることを紹介した本なのですが、この中で國分さんは「謝ること」は「すみませんでした」と頭を下げることよりも、心の中に「本当に悪かった」という気持ちが現れることが重要だと書いています。

話を聞くこともこれと似ていて、心の中に「話を聞こう」という気持ちが現れることが重要ではないでしょうか。そしてそれが相手にも伝わることで、「話を聞いてもらえた」という感覚が得られるのだと思います。

〔PHOTO〕iStock

星野:積極的に話を聞こうとする姿勢が何より大切ですよね。たとえばスマホを見ながら話を聞くこともできるかもしれないけど、もし自分がそうされたら「退屈なのかな」と気になってしまう。僕が話を聞くときはそうした不安を与えたくないので、相手に興味を持ち続けること、それを態度として示すことを心がけています