名古屋のユニクロ「あかのれん」が大手チェーンにも負けない理由

地元愛を一身に受けて100周年

日本の真ん中に位置する中京、東海地区で絶大な支持を集めている衣料品ディスカウントチェーンがある。その店の名は「あかのれん」。創業100周年を迎える老舗チェーン店だ。場所によってはあの「しまむら」でさえ苦戦を強いられるそうで、地元愛を一身に受けるあかのれんの強さの秘密について解説していきたい。

 

買い回り効果を狙った出店戦略

あまり耳にしたことのない「あかのれん」の運営母体は株式会社あかのれんと言って名古屋市に本社を置く。創業は大正8年に伊藤藤三郎が「いとう呉服店」を創業後、「あかのれん」と改名したのが始まりだ。その後、昭和25年に株式会社あかのれんを設立、小売事業を始める。

現在は売上高192億円、店舗数は86店舗(19年2月期)を数え、最多出店県は愛知県の24店舗を中心に、近畿、東海、北陸地区の2府9県に渡って展開している。

あかのれん都道府県別店舗数
拡大画像表示

最大の強みの一つに出店戦略があげられる。それは食品スーパーとの共同出店するショッピングセンター中心の出店。岐阜の食品スーパー「バロー」を始め、京都では「フレンドマート」、大阪では「マンダイ」、静岡では「フードマーケット マム」といった地域に密着した食品スーパーと一緒と併せて出店し、買い回り効果にひと役買う形となっている。        

一方、全国に約1700店舗を有する衣料ディスカウントチェーン最大手のしまむらの出店パターンは、今でこそショッピングセンターにテナントするケースも増えているが、地方の大半の店舗はロードサイドに位置した単独出店となっている店が多い。