Photo by gettyimages

沢尻エリカと元夫・高城剛氏知人の証言「高城さんは必死に止めていた」

それでも彼女は戻って来れなかった

組対5課「久々の大物」

「間違いない」

女優・沢尻エリカ容疑者の捜査を本格化させて1ヵ月──薬物捜査にあたる警視庁組織犯罪対策第5課の捜査員は、東京・渋谷のクラブ内での彼女の様子を視認して、薬物の使用を確信したという。

捜査班はその後、沢尻容疑者がクラブを出て帰宅するのを待ち、自宅に戻ったところで職務質問を行い、家宅捜索に踏み切った。11月16日、早朝のことである。捜索の結果、白いカプセル2錠が見つかり、うち1錠が鑑定によって合成麻薬MDMAと判明。同日午後、麻薬取締法違反の容疑で緊急逮捕された。

沢尻容疑者と言えば、いまをときめく大女優である。昨年は2本の映画で主役を務めたほか、ドラマ『ハゲタカ』(テレビ朝日系)に出演。今年も映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』やドラマ『白い巨塔』(テレビ朝日系)で注目され、来年1月からはNHK大河ドラマ『麒麟がくる』で重要な役柄を演じる予定でもあった。多くのCMにも登場している。それだけに、逮捕の衝撃は大きかった。

だが、本件を取材する社会部記者は別の観点に注目したようだ。

 

「薬物の取り締まりというと、このところ麻取(厚生労働省麻薬取締部)ばかりが目立っていたから、これで警視庁も面目が立ったのでは」

警視庁組織犯罪対策第5課には、ミュージシャンのASKA、元プロ野球選手の清原和博らの逮捕といった実績があるものの、今年に限って言えば、確かに麻薬取締部の方が実績を上げている。

麻取は3月にコカイン使用の容疑でミュージシャン・俳優のピエール瀧を、5月には大麻取締法違反の容疑でアイドルグループ元メンバーの田口淳之介と元女優の小嶺麗奈を、さらに11月には、やはり大麻取締法違反の容疑で元五輪スノーボード日本代表の国母和宏を逮捕している。

同じ薬物捜査を行う組織として、警視庁は水をあけられていた形だ。捜査関係者も、こう語る。

「沢尻については、春先から捜査していた。信頼性の高い情報が寄せられたからだが、そのときはなかなか本格化できず、時間がかかってしまった」