Photo by gettyimages

「ザ・シンプソンズ」のテーマソングとロシアオペラの意外な共通点!

オペラ作品を様々な視点から鑑賞しよう
オペラ作品は奥が深く、鑑賞しようにもなかなか敷居が高いのではないでしょうか。そこで今回は理系新書のブルーバックスとコラボし、様々な角度からオペラの楽しみ方をお届けします! まずは現代新書の許光俊『オペラ入門』から、ロシアオペラの傑作の解説をご覧ください。

ロシアオペラ史上最高の傑作

ロシアの重要な作曲家はほとんどみなオペラを手掛けています。が、やはりムソルグスキーの「ボリス・ゴドゥノフ」(1874年初演)を上回る傑作は存在しないというのが、現時点の音楽史上の常識です。「ボリス」はきわめてユニークな、ムソルグスキーにしか書けなかったオペラです。そして、ロシアでしか生まれなかったような物語です。

 
ムソルグスキーの肖像[Photo by gettyimages]

「ボリス・ゴドゥノフ」の主人公は誰か ?  その題名通り、ボリス・ゴドゥノフ(1552頃―1605)です。歴史上実在した人物で、16世紀から17世紀にかけて、つまり日本では関ヶ原の戦いがあったり、江戸に幕府が開かれたりという時期のツァーリ、すなわちロシア皇帝です。

考えてみますと、実在の皇帝が主人公のオペラは、ありそうでいてなかなかないものです。とはいえ、実際に「ボリス」を見てみれば、このオペラが、皇帝の活躍や雅な宮廷を描こうとしたものではまったくないことにすぐに気づくでしょう。

なるほど、皇帝は他の誰よりも高い地位にいます。その権力は絶対的です。にもかかわらず、彼の権力は、虫けらのような民衆ひとりひとりの支持がなければ崩れ去ってしまいます。そして、人心が離れてしまった権力者は、ひたすら孤独で、不安に怯えるしかなくなります。

地味オペラ「ボリス・ゴドゥノフ」の異質さ

「フィガロ」しかり、「椿姫」しかり、すぐれたオペラとはえてしてそういうものですが、「ボリス」は個々人の気持ちを表現するだけでは終わっていません。社会構造、権力構造の微妙さをあぶり出しています。この作品の真の主人公はロシアの民衆、それどころかロシアそのもの、ロシアの歴史なのです。

「ボリス」がどれほどユニークな作品として構想されたか。それは、最初の楽譜がペテルブルクの帝室劇場に上演を断られたことからもわかります(この版を初稿とか1869年版と呼びます)。

それも無理はなかったかもしれません。何しろ、女性が歌う甘美なアリアがひとつもなかったのです。プリマドンナ(主役の女性歌手で、たいていはソプラノ)の華やかで美しい歌は、劇場にやってくる人々にとって最大の楽しみのひとつ。それがまったくないなんて、最初にこの作品の楽譜をチェックした人々は目を疑ったのではないでしょうか。