Photo by PhotoAC

仰天統合!孫正義とヤフーがLINEを欲しがるたった1つの理由

ターゲットは「24歳以下の女性」!?

「寝耳に水」の統合報道

11月13日の深夜、衝撃のニュースが飛び込んできた。

「ソフトバンク傘下のヤフーとLINEが経営統合」という話題だ。

報道によれば、「月内にも正式決定」とのことだが、記事を制作している11月17日現在、両社からは「経営統合を協議していることは事実だが、決定した事実はない」というコメントだけが発せられている。

両社の統合話は、どのような経緯で生まれたのか?

彼らはなぜ、統合を必要としているのか?

それを、特にヤフーの側に着目し、数字を示しながらきちんと分析してみたい。そして、統合の先にどのような可能性が秘められているのか、その点を考察してみよう。

(編集部追記:2019年11月18日、ヤフーの持ち株会社、ZホールディングスとLINEは、それぞれ取締役会を開き、経営統合について合意したと正式発表)

孫正義がLINEを欲しがる理由

「ソフトバンクがLINEを買収し、ヤフーと統合する」

いかにも突飛な計画に思えるが、じつのところ、「孫正義氏がLINEを欲しがっている」という噂は、数年前からささやかれていた。

孫正義ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長 Photo by Getty Images

理由は、情報端末の主役がパソコンからスマートフォンへと変化し、ヤフーというブランドが弱くなってきたことにある。

ヤフー──正確にいえば、日本法人である「Yahoo! Japan」は、1996年に誕生した。時代はまさに、インターネット勃興期だ。

ネットを使うための起点となる「検索サイト」「ポータルサイト」として、米Yahoo!との提携によって生まれたサービスである。ブランド名こそ同じであるものの、日本のYahoo! Japanと海外のYahoo!は別のサービスであり、以後、「ヤフー」と記載した場合には、日本法人であるYahoo! Japanのことを指す。

ヤフーに訪れた転機

その後、2000年代に向けてブロードバンド環境の整備がはじまり、パソコンを主役とするインターネット事業は本格的に立ち上がっていく。

その過程で、ヤフーは強い影響力を握っていくことになる。ポータルサイトとして、圧倒的な存在感があったからだ。

ブラウザーを開けば自動的にアクセスされて、検索やニュース閲覧がおこなえる──。そんなポータルサイトは多数あったが、ヤフーの利用率は図抜けて高かった。

そのヤフーに、重大な転機が訪れたのはいつだったのか?