年収1200万円夫婦が、4000万円の住宅ローンで「地獄を見た」ワケ

失敗に学ぶ、正しい借り方・返し方
平井 美穂 プロフィール

3年でマイホームを手放すことに…

Oさんは、結婚を機に神奈川県で5000万円の新築マンションを購入しました。登記費用・融資手数料・引越代など、諸費用が別途300万円必要です。

結婚費用で貯蓄をだいぶ使ってしまったので、マンション価格の全額にあたる5000万円を住宅ローンで借りることにしました。月々の返済額は約9万8千円、ボーナス月の加算額が25万円です。

別途、管理費・修繕積立金が月々2万円ほどかかりますが、夫婦共働きで世帯年収900万円のOさん夫婦にとっては無理なく返済できる範囲でした。ところが、入居後、待望の第一子が誕生すると状況が一変します。

産後、妻は体調を崩し育児をするだけで精一杯でした。遠く離れた実家に暮らす両親も高齢なため、頼りにできる身内もいません。仕方なく妻は退職しますが、世帯年収が900万円から600万円に激減。育児手当が途絶えた時点から毎月家計が赤字となり、貯蓄もすぐに底をつきました。結局、購入からわずか3年ほどで泣く泣くマイホームを手放すことになったのです。

Oさん夫婦の場合、たまたま購入した時期がよかったため、購入時の価格より高い値段で売却できたことが、せめてもの救いでした。

〔PHOTO〕iStock
 

貯蓄なしのフルローンは要注意!

Oさん夫婦の場合は、産後の体調不良が原因で復職できませんでしたが、子供が保育園に入れずに妻が復職できなくなるケースは珍しくありません。筆者自身、3年待機した後にようやく子どもを入園させることができました。

また、いざ子どもが生まれてみると部署替えや時短勤務で働く女性も多く、妻の収入が5~7割程度に落ちこむ例もあります。中には、夫の会社の業績が悪化した年にボーナスが支給されず、ボーナス返済が出来なかったという人もいました。

このように収入が急に減った場合や途絶えた場合に備え、ある程度の貯蓄は必要でしょう。また、長らく低金利で麻痺していますが、金利上昇時に備えると、ローン返済をしながら継続的に貯蓄が出来るようなゆとりをみておくことも必要です。