ヤフーとLINE、ここからの大再編で「危なくなる会社」の名前

今週の「AI株価予報」で読む
マネー現代編集部 プロフィール

メガバンクや大手証券も戦々恐々

ヤフーとLINEの経営統合をめぐってなにより期待感が高まっているのが、両社がともに力を入れている決済サービスの面だ。

ヤフーはPayPay、LINEはLINE Payを手掛けていて、ともにキャッシュレス市場で覇権を争っているが、ヤフーとLINEが経営統合すればこの決済サービスが統合する可能性も出てくるからだ。

「キャッシュレス業界では似たようなナントカペイという名称のサービスがあまりにも多く乱立していることで、むしろ消費者の利便性を損なっているという指摘があり、それが日本のキャッシュレス普及の足かせになっていた面は否めない。

そこへきてトップ2のサービスであるPayPayとLINE Payが統合すれば、いよいよ文字通り最大かつ最強のキャッシュレスサービスが生まれることになり、一気に市場を制するポテンシャルを秘めている」(大手金融機関幹部)

 

世界的にいまIT業界では既存サービスの頭打ち感が高まる中で、「決済をいかに制するか」がキーポイントになってきている。

いまだ既存金融機関が大きな利権を握る業界だけに、新興IT勢もその牙城を崩せないでいるが、日本最大のキャッシュレスプラットフォームが誕生すれば、これまでのメガバンクや大手証券を含めてそのパイを一気に奪う可能性も出てくるのだ。