かぜを引いただけで、医師から119錠もの薬が処方されるとは……

検査とクスリの3割はムダです(前篇)
山田 悠史 プロフィール

薬が有用なのはどのような時か

率直な答えは、「症状が強い時」だ。そして、その「症状が強い」は主観でよい
どんな薬を選択するか。あなたがこれまで効果が強く、副作用を経験したことがないと思うものがあるのならそれでいいと思う。

科学的な根拠という観点では、アセトアミノフェン(またはNSAIDs)と呼ばれる解熱鎮痛薬は、頭痛を含む全身の痛みや発熱によるだるさを改善することが臨床試験でも示唆されており(※6)、ある程度みなさんに広く勧められる選択肢かもしれない。

また、いわゆる「総合感冒薬」や「鼻水どめ」は、眠気を起こす「抗ヒスタミン剤」と呼ばれる薬剤が含まれるため、運転する前などは避けるべきだ。しかし裏を返せば、寝る前に飲むのなら睡眠を助けてくれるかもしれない。

咳には有効性が裏付けられた良い治療の選択肢はないものの、ひどくて眠れない場合には「せきどめ」を試してみてもいいと思う。ただ、咳は身体から外敵を追い出す防御反応ともいえるため、無理に止める必要がないことも知っておいてよいだろう。

そして何より、症状が軽ければ「薬を飲まない」という選択肢も考えてみてほしい。氷枕や生姜湯のように、あなたのおばあちゃんが教えてくれた知恵の方が、案外あなたを助けてくれ、ひいては日本の未来の医療を守ることに繋がるかもしれない。

後篇は、明日27日公開予定です)

<参考文献>

(※1) Wolfson D, Santa J, Slass L. Engaging physicians and consumers in conversations about treatment overuse and waste: a short history of the choosing wisely campaign. Acad Med [Internet] 2014 [cited 2019 Nov 10];89(7):990–5. Available from: http://content.wkhealth.com/linkback/openurl?sid=WKPTLP:landingpage&an=00001888-201407000-00017
(※2)Schwartz AL, Landon BE, Elshaug AG, Chernew ME, McWilliams JM. Measuring Low-Value Care in Medicare. JAMA Intern Med [Internet] 2014 [cited 2019 Nov 10];174(7):1067. Available from: http://archinte.jamanetwork.com/article.aspx?doi=10.1001/jamainternmed.2014.1541
(※3)Monto AS. Studies of the Community and Family: Acute Respiratory Illness and Infection. Epidemiol Rev [Internet] 1994 [cited 2019 Nov 10];16(2):351–73. Available from: http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/7713184
(※4) Turner RB. Epidemiology, Pathogenesis, and Treatment of the Common Cold. Ann Allergy, Asthma Immunol [Internet] 1997 [cited 2019 Nov 10];78(6):531–40. Available from: http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9207716
(※5)Hemilä H, Chalker E. Vitamin C for preventing and treating the common cold. Cochrane Database Syst Rev [Internet] 2013 [cited 2019 Nov 10];(1):CD000980. Available from: http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23440782
(※6)
Bachert C, Chuchalin AG, Eisebitt R, Netayzhenko VZ, Voelker M. Aspirin compared with acetaminophen in the treatment of fever and other symptoms of upper respiratory tract infection in adults: a multicenter, randomized, double-blind, double-dummy, placebo-controlled, parallel-group, single-dose, 6-hour dose-ranging study. Clin Ther [Internet] 2005 [cited 2019 Nov 10];27(7):993–1003. Available from: https://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S0149291805000950