今年のクリスマス消費で、恩恵を受ける銘柄リスト

アメリカ人の爆買いが始まる

クリスマス商戦の「アメリカ人の爆買い」

アメリカ人は買い物好きの国民と言われている。

日米のGDPに占める個人消費額の占める割合を見てみると、日本が56%に対し、アメリカは68%とほぼ7割となっている。

 

その買い物好きのアメリカ人が1年で最もお金を使うのがクリスマス商戦の季節だ。伝統的に毎年11月第四木曜日の感謝祭がホリデーセールと呼ばれるクリスマス商戦の始まりとなり、年末まで好調な売上げが続く。

1623年に始まったと言われる感謝祭はもともとは教会で礼拝をおこない、神に感謝を捧げるという宗教的な意味合いの日であったが、現在ではアメリカ人にとってたくさんの親族や友人が集まる大規模な食事会で、家族の絆を深める大切な家族行事の1つとなっている。

photo by iStock 

感謝祭の主人公は七面鳥の丸焼きだ。米国で最も七面鳥の消費が多いのがこの日だと言われ、88%のアメリカ人が七面鳥の料理を食べると言われている。また、この日はニューヨークの百貨店メーシーズが行う世界最大級のメーシーズ感謝祭パレードが行われる。1924年から続いているパレードの様子は番組として全米向けに生中継され、毎年5,000万人以上のアメリカ人に視聴されている。

感謝祭の木曜日は祭日なのだが、翌日の金曜日については、州によって祭日であったりなかったりという具合だ。祭日でない州の多くのアメリカ人も金曜日に休暇を取り、4日連続の感謝祭休暇としている。