# 自己啓発

稼げる人が「会社の評価」より「市場価値」を重視するワケ

「40歳の年収水準」が重要だ
松本 利明 プロフィール

「40歳の年収水準」が重要だ

(3)30歳から賃金カーブが横ばいに

Photo by iStock

若い時にガンガン頑張って成果を出せば、昇進もするし給料も上がる組織です。一見素晴らしいように思えますが、落とし穴があります。30歳を過ぎたころから賃金カーブが寝てしまうのです。

するとどうなるでしょうか? 頑張って成果を出しても給料の伸びが低くなるので、一生懸命頑張るのがバカバカしくなって、社員がどんどん辞めていきます。

若手が汗を流して体力勝負で頑張るビジネスモデルの業界や会社に、このタイプが多く見られます。

実はこうした企業では、表に出ない優秀な人が裏側にいて、額に汗すれば誰でもできるビジネスモデルを設計し、現場を動かしているのです。

彼らは、「うちの会社の営業は優秀なので、どこに転職しても通じる」という認識を営業スタッフの間に広め、彼らが辞めていくことを当然の仕組みにしています。

 

つまり、現場で頑張る若手はただの兵隊で、「個人技である程度までは成果が上がるが、その後は高い確率で壁にぶち当たる=その水準までは十分な報酬を払う=だいたい30歳くらい」という図式のビジネスモデルを作り上げているのです。

そして会社に残れるのは、新しいビジネスモデルを作れる人材か、兵隊を統括できる優秀なマネジャーだけという仕組みになっています。

こうした会社の場合、儲かる仕組みを描く裏の人になるか、ある程度割り切って、スキルと人脈を築いた上で次に移るか、の選択をする前提で働くしかありません。

いずれにしても、見極めるのは「40歳の年収水準」です。40歳はどの賃金カーブのパターンでも特徴が出ているタイミングになるので、見誤るリスクが少なくなります。東洋経済新報社が発表した全国「40歳年収が高い500社」ランキングが参考になります。

なぜ、稼げる人は同じ仕事なら報酬水準が高い会社を選ぶのでしょうか。それは転職に有利になるからです。転職の年収は、業界の市場水準と本人の現在の報酬水準を加味して決まります。

ですから、現在の年収が低いと、報酬水準が高い業界に転職しても、前職の安い報酬額をずっと引きずり不利になることを、稼げる人は知っているのです。