# 自己啓発

稼げる人が「会社の評価」より「市場価値」を重視するワケ

「40歳の年収水準」が重要だ
松本 利明 プロフィール

注意すべき「賃金カーブ」

報酬の統計でわかるのはあくまでもマクロの視点です。どの企業が有利かを報酬面で見極めるには、もう1つの視点が重要です。それは「賃金カーブ」です。賃金カーブとは、年齢ごとにいくら給料が貰えるのか、モデル水準を示したものです。

日本企業では、新卒から若手の間は報酬水準にあまり差がつかず、35歳を過ぎたあたりから報酬格差が広がるように賃金カーブが設定されていることが大半です。

図1をご覧ください。注意すべき3つの賃金カーブがあります。解説しましょう。

 

(1)初任給からあまり上がらない

これは初任給から少しずつしか昇給しないモデルです。仕事に対する生産性が年齢や経験によってほとんど変わりません。「このお仕事はいくら」と値札がついています。

コールセンターのスタッフやカフェの店員は、こうした賃金カーブになっていることが珍しくありません。「カフェの仕事は大好きだけれど、35歳を過ぎても年収300万円で、これ以上上がる見込みがないのは厳しい。

かといって、もうカフェの店長か店員ぐらいしか転職できない。若い時に知っておけば……」なんて愚痴をこぼさないよう、必ずチェックしておいてください。

(2)年功ベース

若いうちはほとんど給料が上がらず、40歳を過ぎたあたりから急に上向きになるタイプです。こうした賃金カーブの業界や組織にいるのは危険です。会社は40歳を過ぎて潰しがきかなくなってから社員に報いようとするので、長期雇用が前提になります。しかし、令和の時代、長期雇用はリスクでしかありません。

また、若いうちは給料に差がつかないので、成長意欲が失われがちです。そして仕事をしない中高年を増殖させることにつながります。転職もできないので、周りを蹴落としてでも組織に残ろうとします。