孤独死した事故物件を「相続」するという、とてつもないリスク

【短期連載】孤独死の部屋(2)
小泉 カツミ プロフィール

どう処分すればよいのか…

どうしても事故物件の場合は、例えば売買物件で1000万円の相場のものが800万円の売値になってしまう。事故物件だったならば、特殊清掃、遺品整理、リフォームなどの経費がかさむために、買い取る時には200万円、300万円という金額で買い付けることになる。

「そう。オーナーさんは丸損ですよね。一方、持ち家の場合は、そこに住んでいる方ではなくて、相続を受けている方が『売り主』ということが多いんです」

つまり、遠方に家族が住んでいて、単身で住んでいた人が孤独死してしまった場合、相続によってその物件を受け継いでから処分するというケースである。

「孤独死された方は、家族や親族と疎遠という方がほとんど。ですから、多くの場合、遺族は準備していて相続を受けるというのではなく、突然相続せざるを得なくなるというケースなんです。気がついたら『事故物件』になってしまって、その処分をどうしたらいいか、という状態。もちろんそんな経験は生まれて初めての人ばかりですから、ただただ困惑するわけです」

総務省によると、単独世帯(世帯主が一人の世帯)は2015 年の1842 万世帯(34.5%)から増加を続けており、2040年には約40%の割合に達すると予想されている。人口の4割が孤独死予備軍といっても過言ではない。そしてそれは同時に、それだけの数の事故物件が誕生することを意味する。それを相続した者はどうなるのか――。孤独死は死んで終わり、では決してないのだ。