Photo by iStock

こんなにヤバい! 投資で勝てる人が絶対にやらない退職金の使い方

だから、後悔先に立たずというのか
待ってました退職金。これを元手に儲ければ、毎日はバラ色…と勇んで株式投資を始める人ほど貧乏決定!? 投資で勝てる人はそんな考え方をしません。そもそも現役時代と老後では投資の仕方がまったく違うのです。フィデリティ退職・投資教育研究所所長で、『定年後のお金 寿命までに資産切れにならない方法』を著した野尻哲史氏は、投資経験のない人がまとまった退職金をもらうときに投資するのが、一番危ないと言います。
『定年後のお金 寿命までに資産切れにならない方法』(講談社+α新書)
 

危険すぎる「退職金投資デビュー」

退職してからの資産運用といってすぐに連想するのが、退職金での運用です。しかし、これまで投資をしてこなかった人が、59歳から投資のことを考える場合に最も陥りやすい危険は、この「退職金を使った投資」を検討することです。

それまで一度も投資をしてこなかったのに、退職金を受け取ってから突然、退職後の生活が心配になって投資を始める。しかも、日本株投資を始めるというのが「最も危険なこと」だと思うのです。

私が在籍するフィデリティ退職・投資教育研究所が2015年に行った「退職者8000人アンケート」では、退職金で投資をしている人は全体の31・0%に相当する2676人いました。このうち、現役時代から投資をしていた人は74・1%。見方を変えると、退職金で投資をした人の4人に1人は、「退職金で初めて投資をした」ということです。しかも、そのうちの3分の1が日本株に投資しているのです。

私からみれば、こうした人は「ハラハラドキドキパターン」です。

 

現役世代を対象にしたアンケート調査でよく設問に置く、投資をしない理由の上位に「まとまった資金がないから」という答えがあります。最近では「投資はまとまった資金がなくてもできる」ということを知っている人が増えてきましたが、それでもまだ、「まとまった資金がないと儲からない」とか、「まとまった資金がないと金融機関は相手にしてくれない」といった声が聞かれます。そういう人が、退職金でまとまった資金を得た時が怖いのです。初めての投資、しかも株式投資から始めるというのは、かなりハラハラドキドキものだと思いませんか。