Photo by GettyImages

チュートリアル徳井「脱税」母が語った「あの子はお金に無頓着で…」

税金を7年も納めなかった男の罪と罰 

単なる不倫や反社との交遊とはワケが違う。多数のレギュラー番組を抱え、幅広い分野で活躍しながら、密かに巨額の「税逃れ」を行っていたのだから。だが、この事件も序章に過ぎない可能性がある。

 

母親にかけた電話

「こんなことがあって、私も主人も驚いているんです。昔から(徳井)義実はおカネに関しては無頓着で、ルーズな子なんです。

私が色々と立て替えたおカネをなかなか返してくれなかったこともありました。『返すよ』とは言うんです。私から何回も何回も言って、ようやく返してくれたのを覚えています。

今回のニュースが流れた後、義実と少し電話で話しました。『僕はホンマにアホやった。誰のせいでもなくて、僕が悪かったんや』としきりに言っていました」

京都市左京区にある自宅前で、お笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実(44歳)の母親は本誌記者にそう語った。

「闇営業」問題に続き、またしても吉本興業に大事件が発覚した。東京国税局より、徳井が7年間で計約1億3800万円の申告漏れなどを指摘されたことがバレたのだ。

Photo by iStock

徳井は'09年に「チューリップ」という個人事務所を設立。吉本からのテレビやラジオなどの出演料を、チューリップを通して受け取っていた。

'12~'15年の4年間、徳井の個人的な旅行費用やアクセサリー代、洋服代などを会社の経費として計上していた。この約2000万円が所得隠し(故意に課税額を減らそうとする行為のこと)とされた。

加えて、'16~'18年の3年間にいたっては、所得を一切申告していなかった。この約1億1800万円については申告漏れだと指摘された。追徴税額は重加算税などを含め、約3700万円にのぼる。

つまり徳井は計7年間にわたって正しく税金を納めていなかったのである。