# 韓国

朝鮮籍は北朝鮮人…? ある「在日コリアン」が直面した強烈な違和感

よそ者に厳しい日本の現実
朴 猿虎 プロフィール

在日コリアンというアイデンティ

ところで、私は日頃は在日コリアンを自称している。これは現在の国籍などを鑑みることなく、先祖を朝鮮半島出身者に持つという点についてアイデンティティを前面に立てた場合の呼称となる。「国籍は?」と問われれば、「韓国」と答える。

photo by iStock

日本国籍ではない。日本では出生地主義をとっていないので、両父母を韓国籍に持つ私のような人間は、成人の場合、私自身が日本国政府に申請をしない限り、日本国籍とはならない。

ただ、もし仮に日本国籍を取得したとしても、私は在日コリアンと名乗るだろう。日本国籍であっても、やはり私は、日本人ではない。在日コリアンというアイデンティティは変わらない。

 

ところで、外形的な話に戻って、国籍の話題をすれば、日本国籍ではない「在日」には、他に「朝鮮」籍がある。これは多くの人が誤解していることであるがそれは前掲のとおり、朝鮮半島出身者を意味する属性である。

北朝鮮籍という意味では決してない(テレビに頻繁に出演するような朝鮮問題の「識者」でさえ誤解していたりする)。韓国籍とも違う。これは台湾国籍が日本国内には存在しないのと同じ理屈で、日本国政府が相手国政府の存在を公式には認めていないので、その政府の公民は本邦には存在しないという理屈になる。