# 韓国

朝鮮籍は北朝鮮人…? ある「在日コリアン」が直面した強烈な違和感

よそ者に厳しい日本の現実
朴 猿虎 プロフィール

見えているのに見られていない人種

アイス・バケツ・チャレンジを通して見えた件は、考えるに、私達、在日朝鮮人、韓国人をまつわる象徴的な事項ではなかったかと思う。私達はいつも、大多数の日本人には、見えているのに見られていない人種である。

photo by iStock

戦前、強制か任意かにかかわらず渡日した私達の祖先は、そのころの国籍は日本人であったのに、多くの人々が、日本人の視界には入らないような場所にまさに漂泊者のごとく追いやられるように住み着いた。そしてまだそこに住み続いている人が居る。

しかも日本の敗戦後、その時点ですでに二、三十年と日本に住み着いている人間もいるにもかかわらず、その日本国籍は一方的に喪失され、その代わりに「朝鮮」という国籍ではなく、先祖の出身地域を属性に与えられた。

 

その後、スポーツ、文化、そして経済界に、少なからずの朝鮮出身者が活躍した。しかしやはり一部を除いては、そのバックボーンは公然の秘密として、陽の当たるところでは語られることはなかった。

そしてヘイトスピーチの件では、同時期に起きたアイス・バケツ・チャレンジのような支援は差し伸べられなかったということだ。そう私たちは、いつも見えているが見られていないのである。