Photo by iStock

ヨシタケシンスケの絵本が小学生にも大人にも「驚異的にウケる」秘密

「答えのない時代」をどう生きるか?

小学生「ベスト10」に4冊ランクイン

2010年代に登場した新進絵本作家でもっとも成功した人物のひとりに、ヨシタケシンスケがいる。

2018年にポプラ社が行った「小学生がえらぶ!“こどもの本”総選挙」で、ヨシタケの絵本は2位に『あるかしら書店』、3位に『りんごかもしれない』、7位に『このあとどうしちゃおう』、10位に『りゆうがあります』がランクインしている。

さらに学校読書調査を見ると、2018年には小4男子の9位に『りゆうがあります』、11位に『このあとどうしちゃおう』と『りんごかもしれない』が、小4女子の1位に『りんごかもしれない』、7位に『りゆうがあります』が、小6女子の14位に『りゆうがあります』がランクインした。

驚異的な人気と言えるが、しかしよく考えると、小学校中学年から高学年が絵本を読んでいる、ということ自体いささか異常事態ではないだろうか。

 

たとえば渡辺暢惠『学校図書館入門』(ミネルヴァ書房、2009年、210ページ)には小学生の学年別のおおよその読書傾向が書かれているが、

第1学年:読み聞かせをしてもらい、本の楽しさを知り、自分で読み始める。図鑑が好きだが、写真や絵を中心にみている。
第2学年:少し長い物語が読める。図鑑に関心を持って説明の文章をよく読んでいる。
第3学年:怪談シリーズなどの面白い本のシリーズを進んで読む。
第4学年:文字が小さいシリーズが読めるようになる。本をよく読む、読まないがはっきりしてくる時期である。
第5学年:内容のある物語、ミステリーを読む。小学校向き文庫サイズの本を読む。
第6学年:こころの問題を扱った本が読めるようになる。歴史、名作、話題になった本を読む。

とある。中学年以上は「文字が大きい絵本」は読まないのが、かつての常識だったはずだ。

なぜヨシタケシンスケは小学校中学年から高学年にまで支持されているのか。