BABYMETALはサポメン“鞘師里保”の加入でどこへ向かうのか

新たな伝説が始まる
杉山 仁 プロフィール

成人を迎えて…

この「ソニスフィアの奇跡」が世界的なブレイクの発火点となり、以降は海外での活動がさらに広がる。これまでにレディー・ガガやレッド・ホット・チリペッパーズ、KORNらの本国でのツアーの前座を務めたほか、自身の海外ツアーの規模も拡大。同時に、2016年にリリースしたメタルの多様性を詰め込んだ2ndアルバム『METAL RESISTANCE』も日本のアルバム・チャート1位だけでなく、アメリカで39位、イギリスで15位を記録し、日本人女性アーティストによる各国の記録を塗りかえていった。

「Alternative Press Music Awards 2016」photo by gettyimages
 

その出来事から、今年で5年。BABYMETALにも様々な変化が訪れている。まずは、メンバーの成人。結成当初は学生だった彼女たちも成人を迎え、現在ではアーティストとしてより成熟した魅力を表現するようになっている。もともと凛とした強さを感じさせるようだったSU-METALのボーカルはますます表現力豊かになり、MOAMETALのダンスにも可愛さだけでなく、可憐さや力強さが加わっている。

そしてもうひとつ、大きな出来事となったのが、MOAMETALとともにダンス面でグループを支えてきたYUIMETALの脱退だ。2017年の12月以降、体調不良のため公演を欠席していたYUIMETAL は、2018年10月19日にグループの脱退を発表した。

その間、BABYMETALはサポートダンサーを迎えてツアーを敢行し、2018年12月のオーストラリアの「Good Things Festival 2018」出演を最後に、一度ライブの場から姿を消すことになる。