photo by gettyimages

BABYMETALはサポメン“鞘師里保”の加入でどこへ向かうのか

新たな伝説が始まる

新生BABYMETALを見たか

10月11日に発売された最新アルバム『METAL GALAXY』がアメリカのビルボードチャートで初登場13位にランクイン――。1969年に坂本九が記録した14位を56年ぶりに上回り、日本人女性アーティストとしての史上最高位を更新したBABYMETAL。彼女たちが11月16日から、最新アルバム発売後初の日本ツアー『METAL GALAXY WORLD TOUR IN JAPAN』をさいたまスーパーアリーナと大阪城ホールで開催する。

2019年10月11日にカリフォルニア州イングルウッドで開催された「METAL GALAXY WORLD TOUR LIVE」 photo by AMUSE/gettyimages
 

【写真】BABYMETALの圧倒的パフォーマンス

結成当初は「アイドル」と「メタル」を組み合わせた斬新なコンセプトから、「一発屋なのか本物なのか」とも言われていたBABYMETALだが、今年で9年目を迎え、日本、そして世界を代表するアーティストの一組になっている。このタイミングで、グループのこれまでを改めて振り返ってみたい。

BABYMETALは、もともと2010年に学校や部活動をテーマにした成長期限定ユニット・「さくら学院」の「重音部」としてスタートした。メンバーの年齢は結成当時、SU-METALが12歳、MOAMETAL、YUIMETALが11歳。2013年以降はさくら学院から独立したグループとなり、ライブでは“神バンド”と呼ばれる超絶技巧のバンドを従えてアイドル/メタル双方のプロフェッショナルが手を取り合うアーティストとして進化を遂げていった。

左から、YUIMETAL、SU-METAL、MOAMETAL photo by gettyimages