2019.11.14
# 格差・貧困

ホームレスの人が一番怖いものが「私たち」だって知っていますか?

「恐れと不安」が連鎖する社会
飯島 裕子 プロフィール

ホームレスへの「恐れ」

ネット等に寄せられている意見は大きく2つに大別されるように思う。1つは「私の隣には来ないで欲しい」という「恐れや不安」によるもの、もう1つは「納税していない彼らに権利はない」というような金銭や生産性という軸で彼らの「いのちを軽視」するものだ。

まず「恐れ」について考えてみたい。ホームレスの人に対して恐れや不安を感じることは当然のことのように思う。私たちのイメージの中にある「ホームレス」は何日も体を洗えず、汚い身なりをして路上に寝ている人、社会と隔絶したところに生きている存在だ。

〔PHOTO〕Gettyimages
 

ホームレスの人たちの自立支援のため、街頭で雑誌販売の機会を提供している『ビッグイシュー』という雑誌がある。私もこの雑誌で記事を書いてきたため、知人などに購入を勧めるのだが「怖いから買ったことがない」と答える人もいる。その後買ってみると「全然怖くなかった。話が出来て楽しかった」と言う人が大半だ。実際に出会うことによって「恐れ」はある程度払拭されていくのだということがわかる。

さらにホームレスの人と関わることになって気づくのが、彼らもまた私たちに対して「恐れ」を抱いていることが多いという事実だ。そもそも今、ホームレス状態にある人の多くは私たちがイメージしがちな路上生活者であることは少ない。多くはネットカフェやファストフード店などで夜を過ごしており、ネットカフェや公園で体を洗い、少ない所持金で新しい下着を買うなど、身なりを気にしている人が大半だ。

私はホームレス状態にある人を取材する中で「自分が周囲からどう見られているのか」ということに神経をすり減らしている人に多く出会ってきた。「汚れているように見えないか?」「ニオイが気にならないか」と真顔で聞く人もいる。ある若者は「昼間に図書館に行ったけれど目線が気になって出てきてしまった」という。

関連記事