〔PHOTO〕Gettyimages

ホームレスの人が一番怖いものが「私たち」だって知っていますか?

「恐れと不安」が連鎖する社会

ネットで噴出した「本音」

東京・台東区の避難所でホームレスが住民登録がないことを理由に受け入れを拒否されたことは記憶に新しい。この事態は台風による避難勧告が各地に出ていた12日夕方から夜にかけてSNSで拡散。台東区役所へ抗議の電話が相次ぐ事態になった。

翌日には全国紙が報道したほか、Yahoo! ニュースのヤフートピックスでも取り上げられ、瞬く間に広がっていった。

台東区職員は「想定していなかった」と弁明したものの、ホームレスの人たちを避難所に入れないことは明らかな差別であり、台東区長が謝罪し、安倍首相も「各避難所は全ての被災者を適切に受け入れることが望ましい」と発言。ホームレス支援団体はその後、台東区に申し入れを行い、区は改善策を講じることを確認した。

台風19号が接近する多摩川〔PHOTO〕Gettyimages
 

ホームレス状態にある人が受け入れ拒否されたことが現在進行系で拡散し、抗議、謝罪とスピーディに進んだことはある意味、”理想的”な展開だったと言えるだろう。もちろん避難所から追い出された人に何事もなかったから言えることだが……。

一方でどこか釈然としない思いが残る。今回の件についてはSNSやネット記事のコメント欄などでホームレス状態の人々への否定的な声が並んだ。

ニュースで報じられる「建前」とネット上の「本音」の間には非常な温度差があり、日常隠されているホームレスに対する嫌悪がおぞましい形で吹き出したようだった。憲法や災害救助法に保障された権利を持ち出しても、人々の中にある「ホームレスは受け入れたくない」という本音は変わらない。そこに蓋をするだけでは問題は根本的には解決しないだろう。

いったい人々の間には、ホームレス状態の人に対するどのような思いが渦巻いているのか。