【Snowboarder】
雪山と海を行き来しながら、
環境意識の土台を築く

鎌倉の腰越海岸にて。夏の海で冬山の話をすると、「見えなかったものが見えることもある」と高久さん。海と山だけでなく、田舎と都会など、対比することで環境問題にもヒントが見えてくるという。

主宰する〈POWDER COMPANY〉という名の通り本拠地は雪山。プロスノーボーダーである高久智基さんだが、ニセコとは別の拠点として、出身地に近い鎌倉・腰越海岸の目前にショップを作り、波乗りも生活の一部だ。

「自然から得られる多くの素晴らしいものを雪山で体験したんですが、同じ恩恵が20歳まで育ったこの海にもあるなと。光や風やうねりが整った瞬間っていうのはお金では作れない。そこに居合わすこと、技術や経験、いろんなものが必要で、海に行くことで山にフィードバックもあるし、逆も然りなんです」

海の前で店を始めてから2年間、夏の期間を中心として隔週でビーチクリーンを行っている。一度キレイに取り除いても、1週間経てばプラスチックごみがまた漂着してしまう。

「ごみ拾いが根本的な解決策だとはまったく思っていません。でも、参加してもらうことで、ごみを出さない社会体質を作ることに、少しは役立つかなとは思います。海がキレイになれば、気持ちいいですから。

今後、大きな枠組みで取り組みを行うことになったときに、環境問題にまつわる負担をきちんと受け入れることができる地域性を育むことができたら、と思っています」

雪山と海に身を浸して生きる高久さんが伝えているのは、自然に耳を傾ける方法。ビーチクリーンもその手段の一つかもしれない。

高久智基
神奈川県藤沢市出身。プロスノーボーダー。ニセコを始めとするパウダースノーの先駆者でもある。1998年に〈POWDER COMPANY〉を設立し、ニセコと鎌倉で活動している。ビーチクリーンは、隔週ペースで行われている。参加自由。詳しくは、問い合わせを。www.powcom.net/shonan

【Sup Guide】
一度好きになってしまえば、
人生はずっと海と共にある

逗子海岸をSUPでクルーズするクレイグさん。25年前に初めてニセコを滑って以来、南半球と北半球を往復しながら暮らしてきた。SUPの魅力は、「落ち着くと同時に、エナジーを与えてくれるところ」。

現在、逗子海岸でSUPガイドをしているクレイグさんには、海と関わってきた長大なバックグラウンドがある。オーストラリアのゴールドコースト近くの小さな島で生まれ、海を泳ぎ、サーフィンをしながら育ったが、本当の意味で海を愛するようになったのは、ダイビングでグレートバリアリーフへと潜ってからだという。

「多様な色、生命の脈動、健康的なエコシステムは、本当に息を飲むほどです。一度海に恋してしまったら、海の健康を考えずにはいられなくなる。それほど強烈な体験でした」

クレイグさんはその後、世界的な海洋フィルムメーカー、デイビッド・ハンナン氏の仕事を手伝い、海での撮影を行うようになっていく。サンゴの海に潜り、直面する問題を映像で伝える、という仕事を続ける中で、さらにフィリピンにおける海洋保全活動に関わっていった。

サンゴ礁を保護するための政策アドバイスから、経済活動のサポートまで、多様な活動を行う団体で働いていた。雪山に惹かれて一年の半分を北海道、半分を逗子で過ごすライフスタイルとなった今も、環境問題には大きなモチベーションを持っている。

「未来の世代が、私が美しいと感じてきたものを、同じように感じることが少しでもできたら。一度、海の深遠で素晴らしい世界を知ったら、必ず守りたくなるはずだからね」

Craig Ogilvie
ノース・ストラドブローク島出身。人口およそ2000人の島で育ち、海に親しむ。海洋撮影のために、パプアニューギニアなどの島々を旅したのち、フィリピンで設立された環境団体〈The Coral Triangle Conservancy〉で働く。現在は夏には逗子で暮らし、冬には北海道で雪山を遊ぶ生活を送っている。

ご意見をお聞かせください
FRaUでは、SDGsに関する意識調査アンケートと、「FRaU×SDGsプロジェクト」の会員登録を実施中。回答された方には、今後開催予定のワークショップやパーティなどのお知らせ、SDGsの最新トピックスをメールでお送りします。

             
●情報は、FRaU SDGs MOOK OCEAN発売時点のものです(2019年10月)。
Photo:Norio Kidera Text:Toshiya Muraoka(Ranger以外) Text & Edit:Chizuru Atsuta