【Oceanographer】
研究データを情報に変えて、
科学と政治をつないでいく

〈JAMSTEC〉のある横須賀の海で。海洋プラスチックは、他の地球環境問題に比べれば、取り組みやすいと千葉さん。「ポイ捨てをやめたら、確実に一つ減るんです。なぜなら、100%人為的な問題ですから」

有人潜水調査船「しんかい6500」に代表されるような海洋研究を行う機構〈JAMSTEC〉で、海洋プラスチック分野の主任研究員を務める千葉早苗さん。数年前までは海洋プランクトンを主な対象として地球温暖化や酸性化の問題に取り組んでいた千葉さんだが、国連環境計画〈UNEP〉に関わる組織で働きながら、研究を実際の政策に落とし込む方法について学んできたという。

「研究者と社会とのコミュニケーション、さらに産業界を含めたディシジョンメーカーとのやり取りが、目標を達成するためにはとても大事です。一つの目標に向かっていろんなセクターが手を組んで行く必要がある。その仲介というか、つなぐことが私の仕事です」

政策立案へと至るよう、研究と社会を結ぶほかに、千葉さんには研究者同士の国際的なネットワークを作り上げる仕事もある。さらに、シチズンサイエンスと呼ばれる、タンカー船やヨットなどの民間船による観測網を構築することも大きな役割。海洋プラスチックを含めた環境問題に対して日本は欧米に後れをとっているように感じられるが、研究自体は先進的なものだと千葉さんは言う。

「日本が出遅れているように見えるのは、他国と手をつなぐのが遅かったから。ようやく本腰を入れた体制になってきました。日本の研究が役立つのは、今、これからですよ」

千葉早苗
海洋研究開発機構〈JAMSTEC〉地球環境部門 海洋生物環境影響研究センター、海洋プラスチック動態研究グループ グループリーダー。神奈川県逗子市出身。事務員として〈JAMSTEC〉で働いたのち、アメリカの大学に進学。帰国後、水産学で博士号を取得。研究員として再び〈JAMSTEC〉で働いている。

【Fisherman】
漁師という幸福な仕事を
次世代に残していくために

仕事場である十三浜の港で。「一次産業の漁師の立場だけで考えていてもダメで、資源を加工する会社、販売店、それから消費者の方とも一緒になって考えていかないといけない」と、資源、環境問題について語る。

宮城県の海で生まれ育った阿部勝太さんが、ワカメ漁師という仕事をじっくりと考えることになった契機は、やはり東日本大震災だった。持続可能性という言葉で連想するのは環境問題だが、漁師にとってはそれだけではない。人材、経済性、そして海の環境。この三位一体がなければ、漁業は成り立たない。そのために漁師が互いを支え合う、〈浜人〉という漁業生産組合を設立した。

「3・11で被災した中でも復興に対するパワーバランスはそれぞれ違ったんですね。船や加工場が流された人、家が高台で助かった人。スタートラインが全然違った。それを補いながら漁業を続けたいと、自分の浜でも法人を作ったんです。人を守り、稼ぎを守り、海を守っていかないと次ないよねって」

さらに〈一般社団法人フィッシャーマン・ジャパン〉という他の浜とも手をつなぐ団体を作る。人を守るため、県内外から漁師になりたい人材に門戸を開き、30人もの新人漁師が誕生した。稼ぎを守るためスーパーや飲食店と共同して、いいものを適正価格で販売する仕組みも整えた。そして今、海を守るために、サステナブル・シーフードの国際認証を取得すべく動き始めている。

「何かが起きないと、仕組みを変えることって難しいんですよ。だから何かが起きた地域から、動き出すべきだと思っているんです」

阿部勝太
宮城県石巻市出身。ワカメ漁師。〈一般社団法人フィッシャーマン・ジャパン〉代表理事。新規漁業の就業のサポートから販売先までをケアし、地域全体で漁業を継続できるような取り組みを目指して活動中。三陸に限らず、日本全国の漁師とのネットワークも構築している。fishermanjapan.com