2019.11.16
# 鉄道

「渋谷駅の迷宮化はまだ続く」鉄道通が実際に見て感じた“違和感”

新しくできた東口地下広場の効果は…?
野田 隆 プロフィール

東口地下広場は本当に便利なのか

そして、この11月1日には前述の通り、東急百貨店東横店東館の跡地に地上47階の超高層ビル・渋谷スクランブルスクエア東棟がグランドオープンした。屋上の展望施設SHIBUYA SKYも大人気で、連日見物客が殺到している。

渋谷スクランブルスクエアと同時にできたのが、東口地下広場だ。暗渠となったこの部分の渋谷川を移設して広場を造ったこともニュースとなり、洒落たカフェもあり憩いの場であるとともに、地下通路をより便利になったと報道されている。

渋谷駅 に新しくできた「東口地下広場」

そこで、この前の週末に、どれくらい便利になり、迷宮と化した連絡通路はどう変わったかを体験しに行った。驚いたことに、東口地下広場は、すぐ隣のスクランブルスクエアの大混雑とは裏腹に人は少なく、ある意味渋谷駅界隈のエアポケットのような雰囲気だった。

裏をかえせば、あまり有効に活用されておらず、利便性が向上していないとも言える。確かに、各乗り場をつなぐ通路が複数確保されたことで、混雑緩和を図ろうとした意味はよく理解できる。

 

しかし、例えば、銀座線乗り場の表示に正直に従って歩いていくと、混雑したスクランブルスクエアの前に出て、エスカレータを乗り継いだ挙句、JR渋谷駅中央改札前を経て階段を降りるという四角形の三辺を通るようなルートを歩くことになってしまった。これなら、一旦地上に出て、ハチ公改札の前を通って銀座線へ向かう階段を上るという、昔から知っているルートの方が断然早いと思った。東口地下広場を通る人が少ないのもある意味理解できた。

SPONSORED