撮影/佐藤圭
# 絶景

これが満天の星だ! 大雪山黒岳で撮った北海道で一番美しい星空!

北海道から毎日お届け中!

町の灯りが届かないから、最高の星空が撮れる

大雪山黒岳(標高1984m)から撮影した天の川です。

標高2000m級の山の上には、町の灯りが届かないので光害がありません。

 

雲さえなければ、電灯が発明される以前の人々が見ていたのと同じ、満天の星を見ることができます。

電灯がなかった時代、どこにいてもこんな星空が見えていたんだろうなあ
 

ただ、そんな高山でも町が近い場合は、写真を撮るとなると違ってきます。

たとえば、先月掲載した白雲岳避難小屋の上空に広がる天の川の写真を撮影したときは、トムラウシ山のすぐ向こう側には、東川町、美瑛町などの町があるので、その灯りが写りこんでいました。

そのため、星空の撮影では少しカメラの設定を工夫しなくてはなりません。設定を間違うと、町灯りで見事な天の川が白く飛んでしまいます。

町の灯りが届いてこない黒岳から烏帽子岳、白雲岳方面の星空は、北海道で一番美しい星空の撮影地かもしれません。

この連載のすべての写真をご覧になりたい方はこちらから!