11月18日 八幡製鉄所が作業開始式を行う(1901年)

科学 今日はこんな日

地球のみなさん、こんにちは。毎度おなじみ、ブルーバックスのシンボルキャラクターです。今日も "サイエンス365days" のコーナーをお届けします。

"サイエンス365days" は、あの科学者が生まれた、あの現象が発見された、など科学に関する歴史的な出来事を紹介するコーナーです。

1901年の今日、八幡製鉄所が作業開始式を行いました(実際の操業は2月から)。八幡製鉄所は、日本初の官営一貫製鉄所として現在の北九州市八幡に建設されました。

【写真】操業1年前の製鉄所
伊藤博文が製鐵所を視察した際の写真。操業開始の前年、1900年ごろと思われる photo by Kodansha Photo Archives

明治政府は「鉄は工業の母、護国の基礎」のスローガンのもと、鉄による富国強兵を目指します。その象徴ともなったのが官営八幡製鉄所です。北九州八幡はかつて一小村でしたが、八幡製鉄所によって日本の工業の中心に躍り出ました。背後で燃料となる石炭を輩出した炭田群とともに、日本の近代化の象徴といえます。

関連の日:6月 1日 八幡製鉄所の建設開始(1897年)

当時、指導に当たったドイツ人技師の年俸は、首相の約2倍だったというから驚きます。莫大な建設費用は、日清戦争で得た賠償金によって賄われました。設備も、ドイツの製鉄所を参考に作られましたが、原材料である鉄鉱石の性質の違いや設備の問題から操業は順風満帆とはいかなかったようです。

【写真】八幡製鉄所の鋼炉
八幡製鉄所の高炉 photo by Kodansha Photo Archives

石炭を乾留(蒸し焼き)して硫黄などの不純物を除き、炭素部分だけを残したものを「コークス」と言います。このコークスを使用することで炉を高温にすることができるので、近代製鉄設備にはコークス炉が不可欠です。しかし。操業当初の八幡製鉄所にはコークス炉がなく、高品質の製鉄ができないなどの問題点がありました。

【写真】コークス
製鉄用コークス photo by gettyimages

コークス炉が完成したのは、日露戦争が開戦した1904年。開戦から2ヵ月ほど遅れましたが、4月に改めて火入れが行われ、急激に増大していた鉄鋼需要に応えるようになりました。

その後、組織の変遷は複雑多岐にわたります。1934年に複数の製鉄所が大合同して民間の日本製鉄株式会社となり、その中核事業所となりますが、1950年4月に「過度経済力集中排除法」によって日本製鐵が解体され、八幡製鉄所は八幡製鉄株式会社として独立します。

【写真】全盛期の八幡製鉄所
全盛期の八幡製鉄所の様子 photo by Kodansha Photo Archives

その後、富士製鉄と合併し新日本製鉄に(1970)、さらに新日本製鐵が住友金属工業と合併して新日鐵住金(2012、2019年4月より日本製鉄)の製鉄所となり、小倉製鉄所と合併(2014)、旧八幡製鉄所は八幡製鉄所・八幡地区となりました。

薄板、棒鋼、線材、レールなどの製造のほか、近年は、九州地区の自動車工場向け高級鋼板の供給基地、また近接するアジア市場への輸出拠点としての役割が重要視されているそうです。

日本製鉄は、製鉄所や製造所の組織再編にあたって、八幡製鉄所を大分製鉄所と統合し「九州製鉄所」とする方針を発表しており、そうなると120年あまりにわたって続いた名称も消えることになりそうです。

なお、本事務所、修繕工場、鍛冶工場のほか、福岡県中間市にある遠賀川水源地ポンプ室(福岡県中間市)の4資産が世界遺産に登録されています。